MENU

七夕は〇〇〇〇食べるの?いや!佐世保バーガーでしょ‼

2017年7月2日

こんにちは‼

 

saseboC&BburgersのDaichiです(^^)v

 

 

 

 

本日7月7日は…

 

 

 

”七夕”です‼‼

 

 

 

 

 

 

今回は、七夕ということで…

意外と知らない七夕の知識を紹介していきたいと思います‼

 

 

 

 

 

 

1、七夕の歴史

2、七夕の風習

3、海外の七夕は?

 

 

 

 

 

 

の順番に紹介していきたいと思います‼

 

 

 

 

 

まずは、七夕の歴史から簡単に説明していきたいと思います。

 

 

 七夕は、奈良時代に中国から伝来してきた文化です。

712年に作られた日本最古の歴史書である古事記には、「多那婆多(たなばた)」という言葉が、「織女(着物などを織る女性)」という意味で使われています。

昔は、7月7日に着物などを織る女性の上達を願う乞巧奠(きこうでん)というお祭りが行われていて、そこで使われる織機が棚機(たなばた)と呼ばれていました。

これが時代の移り変わりと共に、七夕へと変わっていったと言われています。

天皇が七夕の夜に「織姫と彦星が出会う事」を一晩中祈っていたという文献もありますので、当時にはすでに織姫と彦星の伝説が知られていたのでしょう。

織姫の仕事であった着物織りを参考にして、織女の為のお祭りが開かれていたと考えられます。

引用(http://info-of-info.com/archives/3799

 

 

 

 

 

 


 

次に、七夕の風習についてですが…七夕の行事食が”そうめん”と知っていましたか?

 

 そうめんは、夏になるとスーパーや店先に並ぶ定番食ですが、実は「七夕」の時期に食べる「行事食」の一つなんです。その起源は古く、元は平安時代に七夕の節句で小麦粉と米の粉を練って縄の形にした菓子を食べる風習から来ています。

 菓子は和名を「むぎなわ」と言い、中国から伝来した食べ物です。中国では、これを「索餅(さくべい)」と呼びます。なぜ、この菓子を七夕に食べるのか、菓子が「そうめん」になったのか。それは、ある中国の故事から生まれた風習なのです。

 その昔、古代中国の帝の子供が七月七日に亡くなり、その後に一本足の鬼となって熱病を流行らせ、これに困った人々は子供の好物だった「索餅」を供えて祟りを鎮めました。それから、この故事に因んで中国では七夕に「索餅」を食べる風習が生まれ、平安時代に日本へ伝わりました。伝来した当初は、日本でも中国と同じ材料で作った「むぎなわ」を七月七日に食べる習慣がありました。しかし、この「むぎなわ」の元になった「索餅」は「索麺(さくめん)」とも呼ばれ、それが時代を経て「そうめん」に変化したのです。

 食べる物が変化したからと言って、日本人は完全に習慣を忘れてしまったわけではありません。「そうめん」は米の粉は入っていませんが、小麦粉と食塩水で作られます。そして、今でも七月七日に食べる「そうめん」を、鬼の故事に因んで「鬼の腸(はらわた)」と呼ぶのです。

引用(http://tanabata777.com/mamechisiki/shoku.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に世界の七夕は、どのようなことが行われているのか紹介していきたいと思います。

 

 

韓国

○韓国では、1年ぶりに織姫と彦星が出会い「うれし涙」を流す為、七夕の日は雨が降るとされており、七夕の日に雨が降れば「うれし涙」で、もし翌日まで雨が続くと別れを惜しむ「悲し涙」と言われています。

○笹の葉に願い事を書いた短冊をぶら下げるのではなく、星を見上げながら「針仕事」が上手になる様に願うと言われています。


 

 

台湾

○台湾では、7月7日はの七娘媽(織女)の誕生日とされています。

○台南や鹿港では做十六歲という成人式をこの日に行う。近年では、バレンタインデーと同様に男女がプレゼントを交換する日とされています。

 

 

中国

○中国では近年、七夕は中国伝統の「バレンタインデー」とも言われています。

○「七夕キス大会」なんていうお堅いイメージのある中国には似つかわしくないイベントが

2013年、雲南省昆明市の街角で行われました。

このような伝統を重んじない昨今の風潮を嘆いている年配の方も多いと言います。

 

ブラジル

ブラジルでは、日本の年中行事に親しむイベントや「商店街七夕」の形式で、日にちに拘らず行われる。

仙台市の協力のもと当地の宮城県人会を中心として1979年から始まった「サンパウロ仙台七夕祭り」は、仙台七夕の月遅れ開催を踏襲せず、7月の週末に同市のリベルダージにて開催されている。南半球であるため冬の風物詩として定着している。

 

アメリカ

仙台市の協力のもと当地の宮城県人会を中心として2009年から始まった「ロサンゼルス七夕祭り」は、仙台七夕の月遅れ開催を踏襲せず、8月中旬頃に同市のリトルトーキョーにて二世週日本祭(二世ウイーク)に合わせて開催されている

 

引用(http://binan-hochi.org/post-235-235

 

 

 

 

 

 

今回はいつもと違った感じの内容でしたがいかがでしたか?

意外と今まで知らなかったことがあったのではないでしょうか。

このブログを書いていると、大学生活でやっていたレポートを思い出しました…(笑)

 

 

 

 

 

そして、最後に初めての試みですが…

外国の方にもわかるように七夕についての説明を英文で書いてみました!

ABOUT JAPANESE CULTURE  ”TANABATA”.
Tanabata, also known as the "star festival", takes place on the 7th day of the 7th month of the year, when, according to a Chinese legend, the two stars Altair and Vega, which are usually separated from each other by the milky way, are able to meet.
One popular Tanabata custom is to write one's wishes on a piece of paper, and hang that piece of paper on a specially erected bamboo tree, in the hope that the wishes become true.

 

If you want to know more about ”Tanabata”.. Please check this page

URL:http://www.nippon.com/en/features/jg00097/

 

 

 

 

さ~て今回の合言葉は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七夕…たなばた…たなぼた…

”棚から牡丹餅”(TANAKARABOTAMOCHI)


 

ちょっと強引ですが、ご了承ください。(笑)

 

055_COUPONver2_680300.png

 

各種SNSでもお得な情報随時配信中!!!

FB、instagram、Twitter、LINE@で”C&B”で検索!!!

 

 

 

 

この記事の関連記事

こんにちは(^O^)/   sasebo C&B burgers Daichiです!!         毎日寒い日が続きますが皆さんどうお過ごしですか? 体調には十分気をつけてください!         前回イルミ

こんにちは(^_^)/ Sasebo C&B Burgers Daichiです!!       9月も終わりに近づき、夜の冷え込みが本格的になってきましたね! 季節の変わり目は、体調を崩しやすいので皆さん気をつけましょう(;一_

  こんにちは!   saseboC&Bburgers Daichiです(^_^)/   暑い夏も終わり、日に日に秋の訪れを感じる時期になってきましたね。 みなさん夏休みはどう過ごされましたか? 家


アーカイブ

2017

最新記事

会社情報

営業案内

【営業時間】
平日11:00〜22:00
土日祝日 10:00〜22:00

【定休日】
火曜日
(火曜が祝日の場合は水曜日が定休日)

電話番号

0956-55-6212

所在地

〒857-0875

長崎県佐世保市下京町3-1

【JR・電車でお越しの方】
JR佐世保駅から徒歩7分。佐世保駅東口→東横イン佐世保駅前のある大通りの交差点を左→まっすぐ500mほど進む→させぼ四ヶ町アーケードの入り口にあります。

【車でお越しの方】
佐世保みなとインターから車で5分。近隣にコインパーキングが多数あります。

【GW(ゴールデンウィーク)渋滞情報】
佐世保市街地に出たい場合、佐世保中央インターから出ると大きな渋滞に巻き込まれることが予測されるので一つ手前の佐世保みなとインターで降りるのがオススメです。佐世保みなとインターを降りると軍艦が停泊していることもありますので、観光にもオススメのコースです♪

Sasebo C&B Burgers 三川内店
(佐世保シーアンドビーバーガーズミカワチ) 

詳細はコチラ

TEL:0956-55-6722

住所:〒859-3151 佐世保市三川内本町247-3

営業時間:平日11:00~18:00/土日祝日 10:30~18:00

定休日:火曜日

アクセス情報:

車でお越しの方⇒三川内ICから5分、大塔ICから10分
電車でお越しの方⇒JR佐世保線 三河内駅から徒歩3分


© 2017 佐世保バーガー Sasebo C&B Burgers(佐世保シーアンドビーバーガーズ)長崎県佐世保市 All rights reserved.